ここから本文です

グルメ×エクササイズの新連載がアニマル嵐に、此元和津也が兄弟描く読切も

コミックナタリー 8月5日(金)17時22分配信

とい天津原作による森小太郎の新連載「プラマイごはん」が、本日8月5日発売のヤングアニマル嵐9号(白泉社)にてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「プラマイごはん」の主人公は、食べる分だけ運動するというポリシーを持つ女子高生。第1話では限定食を食べるために「踏み台昇降」でカロリーを消費する姿が描かれている。食だけでなく、エクササイズにも焦点を当てたグルメマンガに注目したい。

また今号には「セトウツミ」の此元和津也による読み切り「兄弟の終わり」が登場。引越しの準備中にボロボロのケータイを見つけた玲児は、微妙な距離感のあった“兄”との思い出を振り返っていく。

このほか甘詰留太の3号連続読み切りの第2弾「栄光と御守りはキミに輝く」も掲載されている。野球部の男子マネージャー・河合は、メンタルが弱いエースピッチャーのため、彼が思いを寄せる女子高生の陰毛を手に入れてお守りにしようとするが……。9月2日発売の次号10号では、近未来を舞台にした読み切り第3弾が登場する。

最終更新:8月5日(金)17時22分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。