ここから本文です

「本(わんわん)」が2万円 Kindle Unlimitedに超高額な“謎本”多数 「うっかり購入」に注意

ITmedia ニュース 8月5日(金)16時22分配信

 Amazon.co.jpの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」に、2万円の高値がついた書籍が多数登録されている。ほとんどが、個人が執筆した自費出版の作品のようで、1ページしかない本もある。Kindle Unlimitedの契約者なら無料で読めるのだが、うっかり有料版を購入してしまわないよう注意が必要だ。

【画像:こんな本がなぜか2万円】

 「本(わんわん)」「悪人の系譜 お試し版」「泡姫ありえない お試し版」「宅建試験に備えて 2 宅建攻略」「私たち 自由で楽しい日々の為に」「ちんこの気持ち」――これらは日本版Kindle Unlimitedで、通常のKindle価格が「2万円」と書かれているタイトルの一部だ。

 ダウンロードしてみたところ、どれも個人が執筆した作品のようだ。「本(わんわん)」は、3行のテキストと画像が1枚貼られただけの1ページの本。「お試し版」の2冊は小説だが、全編読むことはできず、ストーリーが途中で終わっている。「宅建試験に備えて 2」はわずか33ページの漫画。「私たち 自由で楽しい日々の為に」「ちんこの気持ち」はそれなりの長さだが、2万円の価値があるかは個人的に疑問に感じた。

 また、「お試し版」の2冊は、同じタイトルの通常版がそれぞれ99円と250円で売られており、お試し版のほうが価格が高いという逆転現象が起きていた。この2冊は同じ作家がペンネームを使い分けて出した作品のようで、お試し版には「本作はKDPのシステム上、常時無料で販売する事が出来ません。本著をダウンロードされる際には、必ず価格が無料になっている事をご確認下さい」と書かれている。どうやら、「Kindleダイレクト・パブリッシング」(KDP)の「無料キャンペーン」を利用して無料提供するために登録した「お試し版」コンテンツで、2万円で売るつもりはなかったようだ。

 Kindle Unlimitedの英語版では、アダルトカテゴリーで2万円の本を乱発している版元も。Daniela Meyer、 Erotische Geschichten und Sex Co.という版元は全作品を2万円で出しており、うち1冊はアダルトカテゴリーで1位を獲得している。中身は、ドイツ語で書かれた官能小説のようだ。

 作家がKindle向け電子書籍を自費出版できる「Kindleダイレクト・パブリッシング」(KDP)では、電子書籍の価格を作家が自由に決められ、価格の上限は2万円だ。2万円の作品は、作家が“ダメ元”で2万円の値段をつけて出してみたのかもしれない。また、KDPは簡単な本でも気軽に出版できるため、機能を試そうとテスト感覚で高値をつけて出した書籍データが、意図せずKindle Unlimitedにも出た――という可能性もあるほか、「泡姫ありえない」の作者のように、KDPの期間限定無料キャンペーンを利用するために出しているデータかもしれない。

 Kindle Unlimitedでは、読み放題のつもりが誤って購入してしまい、書籍代を請求されたというユーザーも多い。「読み放題」ボタンのすぐ下に「1-Clickで今すぐ買う」ボタンが表示されるため、うっかり間違って押してしまいがちなのだ。これらの高額書籍を試す場合は「今すぐ買う」ボタンを押さないよう注意が必要だ。間違えて押してしまった場合は、カスタマーサービスにキャンセルを連絡すれば、7日以内なら返金されるようだ。

最終更新:8月5日(金)19時31分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]