ここから本文です

TOKIO山口 ジャニーズ初の離婚会見…異例づくし

デイリースポーツ 8月5日(金)18時25分配信

 TOKIOの山口達也(44)が5日、代理人を通じて離婚届を提出し、午後2時から都内で離婚会見を行った。ジャニーズのタレントが離婚で会見を開くのは初めて。NG質問一切なし、という潔い会見で、3年前に妻から離婚を切り出されたこと、今年4月から別居していたことなど、包み隠さず説明した。

 ジャニーズでは、少年隊の植草克秀が2010年に離婚(13年に再婚)、元男闘呼組の岡本健一が07年3月に離婚しているが、会見は開いていない。今回は異例の対応といえる。会見終わりには会場出入り口に山口が立ち、取材陣1人1人に「ありがとうございました」などと頭を下げながら見送るなど、異例づくしだった。

 99年に友人宅での鍋パーティで知り合い、モデル女性と交際をスタート。04年に鎌倉に家を建てた際、「一緒に住もう」とプロポーズ。06年にはジャニーズ事務所に結婚の意志を伝えていた。08年3月、TOKIOのコンサートのステージ上で、ファンに直接、結婚と妻の妊娠を発表した。

 8年間の交際を実らせてのゴールイン。「息子とサーフィンしたりキャンプする生活にあこがれる。子供の運動会では負けない」と語った通り、結婚後は2児をもうけ、イクメンとしても知られた。

 TOKIOで初めての既婚者となったが、メンバーも祝福。山口の人柄がそうさせたのか、ファンからの“拒絶反応”も少なかった。面倒見がよく、幅広い交友関係を映すように、婚姻届の保証人はピーターと山口智充が務めた。

 山口はこの日の離婚会見で、「自分のやりたいことばかりを優先し、自分本位で未熟、身勝手だった」と告白。「大きな1つの(離婚)原因はありません。すべてが原因だと思っています。趣味のサーフィンだったり、お酒の飲み方だったり。皆さんが思う女性(問題)ではありません」と離婚原因について説明した。

最終更新:8月5日(金)18時28分

デイリースポーツ