ここから本文です

こっちで遊びたい! 「ポケウォーカーGO」の想像図がドット絵世代にはたまらない完成度

ねとらぼ 8月5日(金)17時12分配信

 Twitterユーザーのシロスさんが投稿したGIF動画、「ポケウォーカーGO」の完成度が高いと話題になっています。「ポケモンGO」を「ポケウォーカー」風にアレンジしたもので、再現度とドット絵が非常に素晴らしい完成度となっています。

【イーブイかわいい:戦闘画面】

 「ポケウォーカー」は、「ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー」に標準添付されている歩数計型ゲーム機。捕まえたポケモンを連れて歩くことができ、歩数に応じて経験値などの特典がもらえました。

 今回シロスさんが作成した「ポケウォーカーGO」は、そんな「ポケウォーカー」を「ポケモンGO」風にアレンジしたもの。ハードの形や見た目はほぼそのままですが、下部についた3つの白いボタンの内、中央がモンスターボールのデザインになっています。

 GIF動画ではプレイしている様子が描かれており、「ポケモンGO」の世界がそのままドット絵に改変されているかのよう。最初の読み込み画面や、起動時の「GPS信号を探しています」のメッセージに至るまで再現する芸の細かさです。

 ゲームが始まると、ドット絵になったトレーナー(自キャラ)が「ポケモンGO」のように道を進んでいきます。「ポケストップ」でアイテムを補充し、さらに進むとイーブイとエンカウント。

 エンカウント後の戦闘も、「ポケモンGO」を忠実に再現。ポケモンがボールを跳ね返す動作もしっかりしてきます。ゲットに成功すると、アイテムと経験値が得られるのもそのまま。

 これならスマホがなくても遊べるので、小さな子ども用にもよさそうです。実は筆者、最初に「ポケモンGO Plus」の存在を知ったときは、こんな感じでスマートフォンを持っていない人でも遊べるようにするものかと思っていました……。

 3Dで描かれた「ポケモンGO」も良いですが、「ポケットモンスター」シリーズのファンならこのドット絵でプレイしたいという人も多そうです。

最終更新:8月5日(金)17時12分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]