ここから本文です

高齢者虐待防ぐ研修は「不十分」 介護職員の約半数

ITmedia ビジネスオンライン 8月5日(金)18時2分配信

 介護業界の労働組合、日本介護クラフトユニオンが実施した調査によると、高齢者虐待を防止するための研修内容が「不十分」(どちらかといえば不十分を含む)と回答した介護職員が半数近くいることが分かった。

【高齢者虐待の原因についてどう思うか】

 86.4%の介護職員が研修を受けているが、研修内容について「十分」と答えたのは17%に止まり、10.3%が「不十分」、35.6%が「どちらかといえば不十分」と回答した。

 高齢者虐待の原因については「業務の負担が多い」(54.3%)、「仕事上でのストレス」(48.9%)、「人材不足」(42.8%)、などの回答が上位を占めた。

 自由記述欄には、「加害者も被害者であり、制度や人材の確保・育成が必要」「自分は虐待などしないと思うことが一番危険。虐待する可能性は誰もが持っている」「十分な人材の確保、質の高い介護員の育成環境が改善されないと虐待は無くならない」などの意見が集まった。

 6月23日~7月7日にネットを使って調査し、同組合に加入する介護職員348人が回答した。

最終更新:8月5日(金)18時2分

ITmedia ビジネスオンライン