ここから本文です

今日マチ子が「からゆきさん」カバー描き下ろし、異国に売られた少女描く

コミックナタリー 8月5日(金)18時22分配信

今日マチ子が、森崎和江によるノンフィクション「からゆきさん 異国に売られた少女たち」文庫新装版のカバーを描き下ろした。

“からゆきさん”とは明治、大正、昭和の日本で、貧しさゆえに外国の娼館に売られていった少女たちの総称。関係者への聞き取り調査と当時の新聞記事などの資料調査をもとに、知られざるからゆきさんの真実に迫った本書は、1980年に刊行された文庫を新装版として復刊したものだ。「cocoon」「アノネ、」「ぱらいそ」など、絶望的な世界でひたむきに生きる少女たちを描いてきた今日が、からゆきさんの姿を繊細なタッチで切り取っている。

最終更新:8月5日(金)18時22分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。