ここから本文です

阪神・高山が適時打 デイビーズから右前へ 藤浪のバントに感謝

デイリースポーツ 8月5日(金)19時42分配信

 「ヤクルト-阪神」(5日、神宮球場)

 阪神の高山俊外野手(23)が右前適時打を放った。

 2点リードで迎えた五回、先頭の北條が左翼への二塁打で出塁すると、続く藤浪が犠打を決めて1死三塁。ここでこの試合、「1番・左翼」でスタメン出場の高山は、デイビーズの初球直球を右前にはじき返し、三走・北條を本塁へと迎え入れた。

 藤浪を援護した高山は、「晋太郎(藤浪)がしっかりバントでランナーを三塁に送ってくれて、それを無駄にせずに点につなげることができてよかったです」と振り返った。

最終更新:8月5日(金)21時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報