ここから本文です

巨人 菅野に異変か…4回2失点で降板、三回に1度ベンチへ

デイリースポーツ 8月5日(金)19時59分配信

 「広島-巨人」(5日、マツダスタジアム)

 巨人の菅野智之投手(26)が、4回6安打2失点で降板した。

 前回7月28日の広島戦(京セラドーム)から、中7日で臨んだマウンド。7回2失点で5敗目を喫した雪辱を期したが、序盤から精彩を欠く投球内容。二回、会沢に先制ソロを浴びると続く三回、菅野は先頭の田中に1球投げた所で、タイムを取って一度ベンチに下がった。

 現状で詳細は不明だが、何らかの異変が生じたと思われる。数分の治療後、再びマウンドに上がったが2死一塁から、ルナに左中間を破る適時二塁打を浴びた。失点はいずれも決め球が甘く入った。

 四回は2死二、三塁のピンチで田中を二ゴロに抑えたが、続く五回の攻撃で、1死二塁の場面で代打・大田が告げられた。首位決戦でエースが4回、78球の早期降板となった。

最終更新:8月5日(金)20時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。