ここから本文です

ささやき女将が激白「まさかマイクがあんな高性能とは」…9年ぶりTV出演

デイリースポーツ 8月5日(金)20時10分配信

 2007年に不祥事を起こした老舗料亭の謝罪会見で、ささやく姿が話題となった「船場吉兆」の元女将・湯木佐知子さん(79)が、5日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜、午後7・00)に出演した。

 騒動以来9年ぶりに「全てをお話したい」とテレビに登場。大阪市内の喫茶店で番組スタッフの取材に応じた佐知子さんは頭髪が真っ白になっていたが、しっかりした口調で「以前はご迷惑をおかけしました。元船場吉兆女将の湯木佐知子でございます」と頭を下げた。

 当時のささやき会見は、前夜に弁護士と想定問答を頭に叩き込み、佐知子さんは完璧に覚えていたが、会見で同席した長男が緊張で頭が真っ白になったと説明。隣からささやく形で返答内容を指示した佐知子さんは「崖っぷちで助けてと、瀕死の状態だったので手をさしのべてやらんといかんという心境でした」と明かしたが、「まさかマイクがあんなに高性能でキャッチされるとは夢にも思てませんでしたからね」と、マイクに拾われることが全くの想定外だったことを告白した。

 この様子は「ささやき女将」とやゆされ、流行語大賞にもノミネートされた。後で会見の映像をテレビで見て、ささやき声が漏れていたことを知ったという佐知子さんは「怖いなと思いました」と感想を語った。

 料亭は年商14億円を誇ったが、騒動で全てを失い、8億円の借金を抱えた。現在は大阪市内のマンションで夫と年金生活を送っているが、借金はまだ400万円以上残っていることを明かし「生活はカツカツです。何とかやっています」。借金を毎月9万円づつ返済しているといい「借金を返すまでは死ねない」とも語った。

最終更新:8月5日(金)21時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。