ここから本文です

阪神・藤浪が8試合ぶりの白星 7回2安打無失点で5勝目「ホッとしている」

デイリースポーツ 8月5日(金)21時41分配信

 「ヤクルト0-7阪神」(5日、神宮球場)

 阪神が打っては12安打7点、投げては2安打0封の完勝。ヤクルト戦の連勝を6に伸ばした。

 打線は二回に相手の暴投で1点を先制すると、さらに藤浪の中前適時打で1点を奪った。五回には高山の右前適時打で1点を追加。八回にも高山が中前適時打を放ち、突き放した。

 九回にはゴメスの19号2ラン、伊藤隼の1号ソロと連続本塁打でダメを押した。

 先発の藤浪は7回2安打無失点。その後は安藤、松田とつないでヤクルト打線を完封した。藤浪は6月2日、楽天戦以来の白星で5勝目(7敗)。

 投打の活躍で8試合ぶりの美酒に酔った藤浪は「バックにも守ってもらえたし、助かりました。勝てないなりに工夫して、しっかり頑張ろうとやってきた。久しぶりに自分に勝ちが付いてホッとしている」と振り返った。

 ヤクルトは先発のデイビーズが5回を5安打3失点で降板。打線が単打2本と沈黙した。中日と入れ替わって、最下位に転落した。

最終更新:8月5日(金)22時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]