ここから本文です

二刀流の大谷、猛打賞に盗塁の活躍も勝利には結びつかず 栗山監督は「まだまだこれから」

デイリースポーツ 8月5日(金)22時54分配信

 「ソフトバンク3-2日本ハム」(5日、ヤフオクドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が、3安打猛打賞と1盗塁を決める活躍も、チームの勝利にはつながらなかった。

 7月26日の西武戦から10戦連続で野手スタメン出場の二刀流は、初回2死から中前打で出塁し、次打者・中田の本塁打で先制のホームを踏んだ。四回にも中前打を放った。

 1点を追う九回には守護神・サファテから俊足を生かし、二塁内野安打で出塁。中田への2球目に二盗を決め無死二塁としたが、後続が倒れ、ゲームセット。直接対決を落とし6ゲームに広がった。

 栗山監督は「まだまだここから。しっかりいきます」と無念さをこらえ、出直しを誓った。

最終更新:8月5日(金)23時4分

デイリースポーツ