ここから本文です

広島・野村 同点で降板13勝目ならず

デイリースポーツ 8月5日(金)23時31分配信

 「広島4-5巨人」(5日、マツダスタジアム)

 広島の野村祐輔投手(27)が、6回5安打2失点で降板した。

 粘りの投球だった。初回を3者凡退に抑えると、続く二回は1死二塁からギャレットを右飛、脇谷を二飛に抑えた。

 直後の攻撃で先制したが、続く三回に田中の失策から、長野に右前適時打を浴びて同点。「今日はボール自体はまずまずでした。ただ、二回に先制点を取ってもらった後の失点は反省しなければならない」と振り返った。

 その裏の攻撃でルナが左中間を破る、勝ち越しの適時二塁打を放った。だが五回、先頭のギャレットに右越えソロを浴びて、再び同点に追い付かれた。

 「本塁打を打たれ同点に追い付かれた後、ピンチを招いたがしっかり粘れたことは良かったです」。六回を無失点に切り抜け、続く裏の攻撃で1死一、二塁の好機で代打を告げられた。

 勝ち越し点はならず、同点で降板した。前回7月29日のDeNA戦(マツダ)では、今季最短の4回をワース8失点。登板前には「一戦、一戦、自分の投球をしたい」と話していたが首位決戦の初戦、雪辱を期したマウンドで、リーグトップの12勝右腕が意地を見せた。

最終更新:8月5日(金)23時37分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]