ここから本文です

北欧映画特集でカウリスマキ監督作5本上映、「ぼくのエリ」「かもめ食堂」なども

映画ナタリー 8月5日(金)22時34分配信

「北欧映画の夏祭り」と銘打った特集上映が、8月6日から26日にかけて東京・ユジク阿佐ヶ谷にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この特集では、アキ・カウリスマキの監督作5本を上映。純朴で不器用な男の転落人生を描く「街のあかり」を筆頭に、記憶をなくした男の恋模様を切り取った「過去のない男」、孤独な少女が自身を裏切った男に復讐する「マッチ工場の少女」などがスクリーンにかけられる。

そのほかプロのバレエダンサーを目指す少年たちを追ったドキュメンタリー「バレエボーイズ」、内気な少年とある秘密を抱えた少女の悲しくも美しい恋物語「ぼくのエリ 200歳の少女」、フィンランドを舞台に3人の日本人女性の交流を描いた「かもめ食堂」、ムーミンと仲間たちの冒険を映し出す「劇場版 ムーミン谷の彗星」といった北欧にゆかりのある映画9作品も。

期間中は、上映作品3本を3000円で鑑賞できる3回券を窓口にて販売。なお8月6日から9日までの間、浴衣を着て劇場を訪れた人には「ハロルドが笑うその日まで」「バレエボーイズ」「かもめ食堂」「Maiko ふたたびの白鳥」のみ料金が1本あたり1000円になる“浴衣割”が適用される。

北欧映画の夏祭り
2016年8月6日(土)~26日(金)東京都 ユジク阿佐ヶ谷<上映作品>「ハロルドが笑うその日まで」「バレエボーイズ」「Maiko ふたたびの白鳥」「ぼくのエリ 200歳の少女」※PG-12作品「獣は月夜に夢を見る」※R15+作品「かもめ食堂」「シンプル・シモン」「劇場版 ムーミン谷の彗星」「ハル 孤独の島」「街のあかり」「過去のない男」「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」「マッチ工場の少女」「白夜のタンゴ」「ハロルドが笑うその日まで」「獣は月夜に夢を見る」料金:一般 1500円 / 学生 1300円 / シニア 1100円 / 会員 1200円 「Maiko ふたたびの白鳥」料金:一般 1300円 / 学生・シニア 1100円 / 会員 1000円「バレエボーイズ」「ぼくのエリ 200歳の少女」「劇場版 ムーミン谷の彗星」「ハル 孤独の島」「かもめ食堂」「シンプル・シモン」料金:一般 1200円 / 学生・シニア 1000円 / 会員 800円「街のあかり」「過去のない男」「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」「マッチ工場の少女」「白夜のタンゴ」料金:一般 1200円 / 学生・シニア 1000円 / 会員 800円

最終更新:8月6日(土)0時10分

映画ナタリー