ここから本文です

【MLB】ブルージェイズ、A.サンチェスのリリーフ起用を撤回 先発6人制導入か

ISM 8月5日(金)11時47分配信

 トロント・ブルージェイズのロス・アトキンスGMは、ブルペンへの配置転換を示唆していたアーロン・サンチェス投手について、先発ローテーションに据え置く方針であると明かしたことが分かった。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が現地4日に報じた。

 メジャー3年目のサンチェスは今季、11勝1敗、ア・リーグトップの防御率2.71をマークし、オールスター初選出を果たした。サイ・ヤング賞候補になり得る活躍を見せている24歳右腕だが、投球回がすでに自己最多の139回1/3に達しており、ブルージェイズはサンチェスの体力面を考慮し、リリーフに回す意向を示していた。

 しかし、ブルージェイズは1日にピッツバーグ・パイレーツから先発左腕フランシスコ・リリアーノ投手を獲得。アトキンスGMは、ベテラン左腕の加入により先発6人制を導入することが可能になったとし、プレーオフ争いが激化するシーズン終盤に向け、サンチェスら先発投手陣にとってプラスになると語ったと、『MLB.com』は伝えている。

最終更新:8月5日(金)11時47分

ISM

スポーツナビ 野球情報