ここから本文です

【AKB大運動会】チーム8近藤萌恵里が50メートル走2連覇

オリコン 8月6日(土)20時47分配信

■『第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会』(6日、さいたまスーパーアリーナ)
 第3種目「50メートルダッシュ」は、予選1位タイの7秒97で決勝進出したAKB48チーム8の近藤萌恵里(長野代表)が快足を飛ばし、予選を上回る7秒84のタイムで2連覇を達成した。

【写真】頭を傾けるおなじみの走りで沸かせた宮脇咲良

 近藤は「まさか1位を取れるとは思っていなかったんですけど、途中からスイスイ進んで勝てると思って。1回フライングをしてくださったおかげでリラックスできました」と、チーム4の村山彩希のフライングに感謝すると、大会実行委員長のアンタッチャブル山崎弘也は「すごい皮肉ですね~」と突っ込んで会場は爆笑の渦に包まれた。

 予選第8組を勝ち抜いたNGT48の山田野絵は、8秒フラットで2位に。優勝したかのような勢いでNGT応援席に走っていき、メンバーと歓喜のハイタッチ。ハスキーな声を裏返し、「イエーイ! 野絵すごいですよね。やばいんですけど~」と大興奮していた。

 この日、宮崎空港での搭乗機の落雷および羽田空港から会場までの道路渋滞のトラブルで会場入りが大幅に遅れていたHKT48は、予選第8組目出走直前にスーツケースを転がして到着。50メートル走名物のHKT48の宮脇咲良が滑り込みで予選に出場し、頭を傾けるおなじみの走りで観客を沸かせていた。

 なお、予選はAKB48、SKE48、NMB48、NGT48の4グループ12チームで競われ、第1組はチームKII石田安奈(8秒08)、第2組はチームBII井尻晏菜(7秒98)、第3組はチーム4野澤玲奈(8秒39)、第4組はチーム8近藤萌恵里(7秒97)、第5組はチームBII植田碧麗(8秒22)、第6組はチームS二村春香(8秒35)、第7組はチーム4村山彩希(7秒97)、第8組はチームNII山田野絵(8秒01)がそれぞれ決勝に進出した。

最終更新:8月12日(金)17時3分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。