ここから本文です

新世代“ヒロイン声優”6人が決定 ユニットCDデビュー、冠番組も開始

オリコン 8月7日(日)18時0分配信

 マルチに活躍する新世代の“ヒロイン声優”を発掘・育成するプロジェクト『キミコエ・オーディション』最終審査が7日、東京・ニコファーレ行われ、応募総数約3000人の中から6人が選出された。6人は個人活動以外にもユニット「NOW ON AIR(ナウオンエアー)」としても活動していく。

【アップショット】最終審査で選出された6人

 選ばれたのは、飯野美紗子さん(19)、神戸光歩さん(19)、田中有紀さん(18)、鈴木ひとみさん(20)、岩淵桃音さん(16)、片平美那さん(17)の6人。最後のオーディションと決めて応募した飯野さんは「うれしい。やっとスタートラインに立てた」と涙。あこがれている声優は花澤香菜と沢城みゆきで、「声でいろんな世界を表せる声優になりたい」と語った。

 6人は「NOW ON AIR」としてランティスからCDデビューも決定し、10月からはCSファミリー劇場にて冠番組がスタートする。さらに2017年夏に公開予定のアニメ映画『きみの声をとどけたい』のメインキャストを務めることも発表された。制作は東北新社・マッドハウス、監督は映画『プリキュア』シリーズの伊藤尚往氏が担当する。

 同プロジェクトは、アニメ『創聖のアクエリオン』の制作でも知られる映像総合プロダクション東北新社が主催する、初の大規模オーディション。さまざまなジャンルで活躍できる次世代の声優の発掘を目的とする。なお、同オーディション第2弾の実施も決まっている。

 今回は、募集期間3月1日から5月8日までの間に約3000人の応募があり、その中からファイナリスト15人を選出。ファイナリストは約1ヶ月半の強化合宿を経て、きょうの最終審査に臨み、自己PRや映像を見ながらの演技を行った。

 同オーディションの審査員は、伊藤氏をはじめ、アニメ『ラブライブ!』に登場するμ’s(ミューズ』)の楽曲プロデュースを担当した木皿陽平氏、『ルパン三世』シリーズの音響監督・清水洋史氏らが務めた。また、公式サイトでの一般投票も反映された。

最終更新:8月7日(日)18時39分

オリコン