ここから本文です

矢口真里&辻希美、現役アイドルたちと共演 ミニモニ「ジャンケンぴょん」も熱唱

オリコン 8月6日(土)16時35分配信

 元モーニング娘。でタレントの矢口真里(33)、辻希美(29)が6日、東京・お台場で開催中のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』(TIF)に出演し、現役アイドルたちと歌の共演を果たした。

【ステージの模様】矢口&辻が現役アイドルと熱唱

 矢口は、2015年のTIFにも「矢口真里 respected by チーム・負けん気」として出演。今年は「みんなで一緒に名曲を歌って踊ろうステージ」に登場し、辻と共にアイドル界の“レジェンド”として、約30のアイドルグループから選ばれたメンバーたちとコラボし、モーニング娘。の「恋のダンスサイト」「LOVEマシーン」など、息のあったパフォーマンスを披露した。

 矢口にとって、久しぶりだという「ミニモニ。ジャンケンぴょん」も、現役アイドルに負けない動きで沸かせる場面も。ステージを終えた2人は「楽しかったです。本当にありがとうございました」と笑顔で歓声に応え、モー娘。に憧れていた多数の現役アイドルたちも2人との共演に感激していた。

最終更新:8月7日(日)2時51分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。