ここから本文です

ラット「待つ者にはいいことが訪れる」

BARKS 8月12日(金)20時19分配信

スティーヴン・パーシーが、ラットが復活する可能性のあることをほのめかした。ラットは2014年にパーシーが脱退して以来、ドラマーのボビー・ブロッツァーが別ラインナップでBobby Blotzer's Ratt Experienceとしてラットの曲をプレイするツアーを行なっているが、正式なメンバーでの活動はなかった。

◆スティーヴン・パーシー画像

ところが、先週、ラットのウォーレン・デ・マルティーニ(G)とフォアン・クルーシェ(B)、それにパーシーが揃って、『RIP』誌の元編集者の誕生パーティーに出席。一堂に会し撮影された写真がSNSで公開されたことで、リユニオンの期待が高まった。

そんな中、『One on One with Mitch Lafon』のインタビューで「なにかあるのでは?」と問われたパーシーはこう答えたという。「ま、肝心なのは、俺ら…、フォアン、ウォーレン、俺はいまでも話をしてるってことだ。ウォーレンと俺はしばらく前、一緒に曲も作ってるんだよ。それって、凄いだろ」

「(パーティーでは)みんな、写真を撮っていて、俺も気に入ったってだけだ(笑)。俺は思ったんだよ…、絶対ないとは言わないってときが来たってね。まあ、それだけのことだよ。すぐにじゃない。でも、あの写真は多くのことを語っている」

現在、ラットの名をめぐり、デ・マルティーニとブロッツァーの間で訴訟が起きており、すぐにはラットの名前で活動は行えないようだ。また、この状態だとブロッツァーと活動を共にするとは思えないが、パーシーは「待つ者にはいいことが訪れる」と話した。

元編集者の誕生パーティーでは、元クワイエット・ライオットのギタリスト、カルロス・カヴァーソと元ホワイト・ライオンのGreg D'Angelo(Dr)の姿も見られた。

Ako Suzuki

最終更新:8月12日(金)20時19分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。