ここから本文です

ドーム解体着手 フ社、来春完了見込み

宮崎日日新聞 8月5日(金)11時45分配信

 宮崎市の大型リゾート施設「シーガイア」を運営するフェニックスリゾート(宮崎市、松永裕文社長)は4日、2007年から閉鎖しているオーシャンドームの解体工事を始めた。屋根の取り外しなどを行い、来年4月に完了する予定。跡地に県や宮崎市とともに屋外型ナショナルトレーニングセンター(NTC)の誘致活動を続けているが進展はなく、活用策は決まらない中での解体となった。

宮崎日日新聞

最終更新:8月5日(金)11時45分

宮崎日日新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。