ここから本文です

英ブライトンに「世界一細い」展望台が登場、ギネス認定

AFPBB News 8/5(金) 7:41配信

(c)AFPBB News

【8月5日 AFP】英南部の海辺の保養地ブライトン(Brighton)に4日、世界一高い移動式展望台「i360」がオープンする。高さ162メートルの鋼鉄製の細いタワーを、ドーナツ型をした全面ガラス張りの展望室がゆっくりと昇り降りする近未来的な外観だ。

「世界一細いタワー」としてギネス世界記録(Guinness World Records)に認定された展望台は、1866年に建造されブライトン名所として親しまれながら2003年に火事で焼け落ちてしまった桟橋「ウエスト・ピア(West Pier)」の入り口に建てられた。

「i360」プロジェクトの責任者は「空に垂直に伸びる桟橋」だと話す。デザインは、ロンドン(London)にある観覧車「ロンドン・アイ(London Eye)を設計したデービッド・マークス(David Marks)氏とジュリア・バーフィールド(Julia Barfield)氏のコンビが手掛けた。(c)AFPBB News

最終更新:8/5(金) 7:41

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。