ここから本文です

滋賀県大津市、“ご当地ポケモン”を検討 琵琶湖に「ビワコイキング」?

BuzzFeed Japan 8/5(金) 9:30配信

「ポケモンGO」の流行で、地方自治体は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)への対応を迫られている。兵庫県神戸市では、情報を集めて必要な対応を検討するプロジェクトチームや有識者会議を設置することを決めた。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

そんな中、滋賀県大津市は、「ポケモンGO」での“ご当地ポケモン”の開発を検討している。地域活性の一施策という位置付けだ。

大津市観光振興課はBuzzFeed Newsの取材に対して、「ポケモンGOで、ゴミ問題や歩きスマホなどが社会問題になっている。一方、そのプラス面も見て、観光客や市民が楽しめるようにできれば」と話した。

大津市は、株式会社ポケモンにメールで問い合わせているが、まだ返事はないという。

実現の見通しは立っていないが、琵琶湖にちなんだ「ビワコイキング」などをご当地ポケモンとして考えているそうだ。

ポケモンの広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に対して、コメントを控えた。

ポケモンGOは、ポケットモンスターシリーズのキャラクターを使ったゲームだ。長年のファンの中には、こういった取り組みで元のゲームに登場しないポケモンが現れることを、よく思わない人もネット上にはいるようだ。

一部の寺社などが敷地内でのプレイを規制する中、これは鳥取県に続く前向きな取り組み。注意を促すにしても、人気に便乗するにしても、行政はポケモンGOへの対応を余儀なくされそうだ。

最終更新:8/5(金) 9:30

BuzzFeed Japan