ここから本文です

釣り情報【由良川】セイゴの好調続く 大物スズキは苦戦

両丹日日新聞 8月5日(金)11時58分配信

 由良川でセイゴがよく上がっている。しかし、スズキサイズはなかなか釣れず、大物狙いの人にとってはやや物足りない。

 福知山市下荒河の丹後釣具店によると、セイゴは大江町から下流で小さいものから体長30~50センチクラスまで数多く上がっている。スズキと呼ばれる60センチを超えるサイズは、時折上がる程度だという。

 由良川筋でのスズキ釣りは、ここ数年あまり思わしくない。以前は90センチを超える大物が上がる年も珍しくなかったが、近年はまれに80センチ台が上がる程度となっている。

 夏場は暑さが厳しく、昼間は釣りに行くのもおっくうになる。夜釣りや涼しくなる夕方から出かける人もいるが、そうした人からもスズキの情報はあまり聞かれない。

 幸いセイゴはよく釣れているので、それを楽しみながら、運よくスズキがかかることに期待したい。

週末の舞鶴湾の潮位

 【6日】満潮=4時59分(40センチ)16時7分(46センチ)▽干潮=10時17分(33センチ)23時24分(24センチ)
 【7日】満潮=5時30分(40センチ)16時50分(44センチ)▽干潮=11時8分(32センチ)23時51分(27センチ)

両丹日日新聞社

最終更新:8月5日(金)11時58分

両丹日日新聞