ここから本文です

三菱商事・金属資源、ポートフォリオ強靭化

日刊産業新聞 8/5(金) 12:06配信

 三菱商事の金属資源本部は2018年度までの中期経営戦略で、成長のために保有資産を積極的に入れ替える方針だ。原料炭、銅を中核とする金属資源ポートフォリオを「強靭化」するのが課題だが、田中格知本部長によると、コスト削減などの自助努力だけでなく、中長期的に需要増が見込める商品において、競争力の高い資産を獲得する機会も探っていく。全社方針に則り、今中経期間は資源分野の投融資残高を増やさず、資産の入れ替えにより必要な投資の財源を確保する。聖域なき事業再構築によって下方抵抗力を高め、市況に頼らない収益力を付ける。

最終更新:8/5(金) 12:06

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。