ここから本文です

最も高い名車は“3億円のF1マシン”あこがれのヘリテージカーが購入できる日本初のイベント、幕張で開催

オートックワン 8月5日(金)15時43分配信

日本国内外の自動車メーカー9社とヘリテージカー専売店19社が一堂に会し、日本の自動車マーケットをけん引し てきた車両をはじめとして100台を超える往年の名車を展示・紹介・販売する、日本では初めてのヘリテージ カー・イベント「オートモビル カウンシル 2016」が、8月5日(金)から千葉の幕張メッセで開催されている。

「3億円」で販売されている「1985年型 ロータス 97T」現地最新フォトギャラリー [画像36枚]

会期は2016年8月5日(金)~8月7日(日)。

オートモビルカウンシルでは19社のヘリテージカー専売店により、世界中の人達があこがれる80台以上もの名車が展示・販売されているが、その中でも最も販売価格の高い車両が「1985年型 ロータス 97T ルノー(シャシーナンバー97T/1)」。

ロータス 97Tはチーム・ロータスが1985年のF1世界選手権参戦向けに投入したマシンで、価格は3億円。当時、同チームのドライバーはアイルトン・セナとエリオ・デ・アンジェリスで、実際にアイルトン・セナもドライブしたことがあるという。

ロータス 97Tを販売するのは東京・目黒区の「プラネックスカーズ」。同社ブースでは他にもロータス・エラン+2のプロトタイプとして制作された世界に1台しかない「ロータス METIER II」や、「マツダ コスモスポーツ」「トヨタ 2000GT」など貴重な車種を出展している。

気になる方は、ぜひ今週末幕張に足を運んでみてはいかがだろうか。

最終更新:8月5日(金)15時43分

オートックワン