ここから本文です

【リオ五輪】南アフリカのベテランGKブラジルだけでなく批判も封じ込めた

BuzzFeed Japan 8月5日(金)10時52分配信

試合終了と同時に会場からブラジル五輪代表に向けられたブーイングが、南アフリカの健闘を物語った。リオデジャネイロ五輪サッカー男子の1次リーグが4日に行われ、南アフリカが開催国ブラジルを相手に0-0で引き分けた。

後半14分にMFムバラが退場し数的不利になりながら、優勝候補から得た勝ち点1は勝利にも等しい。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

大番狂わせの立役者はGKクーン(29)だ。オーバーエージ枠で選ばれたベテラン守護神はネイマールなどタレント揃いのブラジルに20本以上のシュートを浴びせられるも、最後まで得点を許さなかった。

大会前、南アフリカではクーンの選出に批判の声も多かった。

もともと五輪代表の正GKは20歳のジョディー・フェブラリー。リオ行きの切符がかかった2015年のU-23アフリカ選手権3位決定戦のセネガルとの試合で、試合中に1度、PK戦で3度止めたヒーローだった。

だが南アフリカのダガマ監督は代表歴75試合のベテランをオーバーエイジで選出。正GKに据えた。この起用には疑問の声も多く、若く才能あるフェブラリーを使うべきとの批判もあった。

五輪代表に選ばれたことについて「若いチームに経験を伝えたい」と話していたクーン。

試合中は再三のセーブで若い選手たちを鼓舞すると、試合終盤には足をつって倒れこむ大げさな「演技」で時間稼ぎ。ベテランならではのテクニックも披露した。

試合後、SNS上には南アフリカだけでなく世界中から賞賛の声が上がった。クーンはブラジルの攻撃だけでなく、批判も自らの手で封じ込めた。

最終更新:8月5日(金)10時52分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]