ここから本文です

笑い交え「沼田裁定」再び 山本耕史さん、小林隆さん

上毛新聞 8月5日(金)6時0分配信

 「上州沼田真田丸展プレゼンツ 真田・スペシャルトークライブ~沼田裁定再び」(利根沼田真田丸プロジェクト推進協議会主催)が4日、群馬県沼田市の利根沼田文化会館で開かれた。NHK大河ドラマ「真田丸」で石田三成役の山本耕史さんと、片桐且元役の小林隆さんが、演じている役の人物像やストーリーへの思いを語り合った。

◎「堺雅人が一番おいしい」…山本さん

 真田信繁と北条家家臣の板部岡江雪斎が、沼田の真の主を決めるため論戦を繰り広げた「裁定」(6月放送の第22回)を主テーマに開催。仕切り役となった三成、且元をそれぞれ演じており、因縁の地「沼田」であらためて物語を振り返った。

 司会者から「この回で一番思いを伝えられた人物は誰か」と問われると、山本さんは「今更それを言ってどうするの」と笑わせた上で「それぞれの思いは伝えられたのでは」、小林さんも「皆の立場が良くなったと思う」と評価した。

 さらに、名だたる武将の中で「一番おいしかったのは」の問いに、山本さんは「名を残し、大河ドラマにもなっている真田。でも、そのドラマで主役をしている(信繁役の)堺雅人が一番おいしい」と答えると、会場は大爆笑に包まれた。

 トークライブには、全国各地から約1200人が参加した。山本さんと小林さんはこの日、みなかみ町の名胡桃城や、真田丸展も見学した。

最終更新:8月5日(金)6時0分

上毛新聞