ここから本文です

【リオ五輪 女子A組】 フィジー 南太平洋の女子に夢と希望を

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 8月5日(金)21時23分配信

 オリンピックでは、フィジーのスポーツ選手がメダルを獲得したことはまだ一度もない。しかし、7人制ラグビーが正式競技として初めて実施されるリオで、歴史は変わるかもしれない。
 ワールドラグビーセブンズシリーズで2季連続総合優勝した男子には、金メダルの期待がかかる。でも、その前に試合をする女子のラグビー選手が先に、国民を歓喜させる可能性は十分ある。

【リオ五輪 女子A組】 コロンビア 元USA選手が母国の代表で夢舞台へ

 昨年は、4年に一度開催されるパシフィックゲームズで連覇を達成。リオ五輪予選を兼ねたオセアニア選手権では全6試合無失点の圧倒的強さで制し、オリンピックへの切符を手にした。

 ワールドラグビー女子セブンズシリーズは、2013年4月の中国大会でデビュー。当初は招待国という立場だったが、シリーズ3季目の2014年にコアチーム昇格を果たし、着々と力をつけた。昨年末のドバイ大会ではカナダに24-10、今年2月のサンパウロ大会ではイングランド(リオ五輪ではイギリス代表)に26-12、そして5月のクレルモン=フェラン大会では開催国のフランスに14-10と、リオでメダル候補といわれている強豪を倒している。

 注目選手は、身長175センチ、体重80キロのパワフルなルシラ・ナンガサウ。サッカーでも国代表になったことがある彼女はキックにも長けており、昨季ワールドシリーズでチームの得点王だった。ナンガサウのいとこであるアナ・マリア・ロンギザはチーム屈指のトライゲッターであり、キャプテンを務める。

 もしメダルを取れなくても、彼女たちの勇姿はフィジーだけでなくパシフィックアイランドの多くの女子に夢と希望をもたらすに違いない。

最終更新:8月5日(金)21時23分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]