ここから本文です

当選誤通知者へ2千円分金券 おかやまマラソン実行委おわび

山陽新聞デジタル 8月5日(金)9時3分配信

 おかやまマラソン2016(11月13日・岡山市)の実行委員会は4日、欠員に伴う2次抽選の落選者に当選通知を誤って送った問題で、誤送付した5179人(4411件)への対応として、全員に2千円分の金券を贈った上で、次回大会の募集で優先枠を設けることを検討すると発表した。

 実行委の川上晴季事務局長らがこの日会見し、「不快な思い、悲しい思いをさせ、深くおわび申し上げます」と陳謝。誤送付は、通知業務を担う業者が、当選者510人のみとするべき設定を誤ったためと説明した。

 金券はクオカードか、大会に合わせて開くマラソンEXPOのクーポンとし、どちらか選択してもらう。優先枠の設定は、来年2月をめどに開催の実行委総会で協議する。実行委は、これらの対応を記したわび状を8日に発送。費用は業者が全て負担する。

 実行委によると、4日昼までに約70件の問い合わせや苦情があったという。

最終更新:8月5日(金)9時3分

山陽新聞デジタル