ここから本文です

【動画解説】台風5号 今週末から影響あり 海のレジャーは注意

ウェザーマップ 8月5日(金)12時15分配信

 台風5号の最新情報です。台風が離れた位置にあっても、うねりが入る太平洋側では、7日(日)には高波に注意が必要です。海でのレジャーは十分に気を付けてください。週明けには、関東で雨や風が強まるおそれがあります。

 台風5号は、週明けにかけて北上する見通しです。例年の8月の台風は、太平洋高気圧のふちにそって大回りをしてゆっくりと日本に近づくことが多いですが、今年は太平洋高気圧の勢力が南海上では弱いため、大回りをせずに近づく予想です。そのため、比較的早く影響が出始めるでしょう。

 6日(土)や7日(日)は、山沿いを中心に雷雨となりそうです。平野部で雨の降る所は少ない見込みです。ただ、南からは台風の雨雲が近づいてきます。8日(月)にも、伊豆諸島や関東に、活発な雨雲がかかるおそれがあります。風も強まる所があるでしょう。

 また、雨雲の接近よりも一足早く、波は高くなります。7日には、太平洋側に、台風からのうねりが入るため、高波に注意が必要です。海でのレジャーを考えている方は、波の状況に十分注意してください。(気象予報士・國本未華)

最終更新:8月5日(金)12時15分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。