ここから本文です

「愛の南京錠」問題、お断りの看板設置へ 仏パリ

AFPBB News 8月5日(金)8時40分配信

(c)AFPBB News

【8月5日 AFP】カップルが永遠の愛の印として仏パリ(Paris)市内の橋の欄干に掛ける「愛の南京錠」に対し、パリ市当局が近く、新たな措置を講じることになった。

 昨年6月、当局は市内の橋から数十万個の南京錠を撤去した。セーヌ(Seine)川に架かるポンデザール(Pont des Arts)橋の一部が南京錠の重みで一部が崩壊したためだ。

「愛の南京錠」が掛けられていた金網は、防風ガラスに取って代えられた。

 だが、その後も観光客による施錠行為は続き、400年以上前に架けられた同市最古の橋、ポンヌフ(Pont Neuf)橋が次なるターゲットとなった。

 この問題について、ブルーノ・ジュリアール(Bruno Julliard)副市長は、今後は「パリに錠前はご遠慮ください~愛を示す別の方法を見つけてください」と仏語と英語で記した看板を各所に設置する考えがあることをこのほど明らかにした。

「パリが恋愛の都であり続け、世界中の恋人たちが(今後も)来ることを願いたい。セーヌ川を筆頭に、とてもロマンチックな街だ。でも時には保護も必要なのです」(ジュリアール氏)

 数年前から、世界各国から訪れた恋人たちが、自分たちの名前やイニシャルを南京錠に記して施錠し、何事があっても絆が解かれぬよう、その鍵をセーヌ川に投げ込む行動が繰り返し行われてきた。

 この「儀式」の起源は不明だが、恋人たちのイニシャルを記した南京錠は欧州各国の首都をはじめ、遠くはモロッコのマラケシュ(Marrakesh)、さらには中国でも見られるという。4日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8月5日(金)8時40分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。