ここから本文です

社交ダンス用品で有名、セキネ商事(株)が破産へ

東京商工リサーチ 8/5(金) 16:42配信

 セキネ商事(株)(TSR企業コード:292433999、法人番号:2010501006658、台東区柳橋2-1-10、登記上:同区竜泉3-39-8、設立昭和55年3月、資本金1300万円、関根由美子社長)は7月29日、事業を停止し、東京地裁への破産申請を米里秀也弁護士(米里法律事務所、中央区明石町1-3、電話03-3542-7211)に一任した。
 負債総額は約10億円。
 社交ダンスやバレエ用品などの販売を手掛けていた。愛好者を主体にダンス教室や専門ショップなどに事業基盤を築き、平成4年2月期には売上高約22億4000万円をあげていた。その後は、需要の停滞などから売上は伸び悩んだが、映画「Shall we ダンス?」が公開された8年頃にはいったん持ち直した。しかし、以降は映画を背景としたブームが下火となり売上は低下、26年2月期の売上高は約7億円にとどまっていた。
 また、バブル期に多額の不動産投資を行ったことで多額の借入金を抱え、数年前には不動産売却などを行ったが、不動産価格の低下から借入金の圧縮までには至らなかった。
 売上減少に歯止めが掛かからず、借入金の返済もめどが立たないことから今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:8/5(金) 16:53

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。