ここから本文です

時代の流れ? アメリカ企業の時価総額トップ5がすべてテック系に

ギズモード・ジャパン 8月5日(金)12時30分配信

見慣れた企業ばかりとなりました。

アメリカで最大のエネルギー系企業、ExxonMobil。世界中の石油を独占する、スーパーメジャーと呼ばれる6社の1つでもあります。

1980年以降、アメリカ企業の時価総額ランキングで常にトップ5に入っていた同社でしたが、ついに6番目となってしまいました。

代わりに登場したのが、AmazonとFacebook。これによりトップ5は、Apple、Alphabet(Google)、Microsoft、Amazon、Facebookと、トップ5はすべてテック系に。

ExxonMobilは先日、第二四半期の決算を発表。減益が明らかになり、株価が下がりました。これにより、同社の時価総額は3560億ドル(約35.9兆円)となり、Amazonの3640億ドル(約36.7兆円)を下回ったのです。

ちなみに第7位は、著名投資家、ウォーレン・バフェット率いるBerkshire Hathawayの3550億ドル(約35.8兆円)。1000億円という僅かな差となっています。

source: Wall Street Journal
Matt Novak - Gizmodo US

最終更新:8月5日(金)12時30分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]