ここから本文です

「都民はもっと電柱に意識を向けて」小池都知事が無電柱化に意欲を燃やす

ログミー 8/5(金) 17:36配信

東京都知事に就任した小池百合子氏が、2016年8月5日に初めての定例会見を実施。築地市場移転や無電柱化について、記者からの質問に回答しました。

韓国人学校は白紙化

小池百合子氏(以下、小池):じゃあ、NHKさん。

記者6:補正予算案に関してですけども、予算を提出するということになると、当然議会の理解が必要になると思いますけども、自公が6割以上占めるこの議会のなかでの最初の予算になるわけですけども、これは十分理解が得られるとお考えでしょうか?

小池:かねてより申し上げておりますように、知事である私も、今回、都民のみなさまにお選びいただき、そして議会の議員のみなさま方も都民によって選ばれたものでございます。

この喫緊の課題であります待機児童対策というのは、まさしく都民のみなさま方のニーズに応えるものでございますので、またご説明は真摯に行わさせていただき、前もって議員のみなさま方にもご要望がございましたならば、たくさんあると思いますけれども、それらにも心配りをさせていただいて、この補正予算については議会のみなさま方にもご理解をいただいて、一刻も早く実施できるようにしてまいりたいと考えております。

それからすみません、1つ訂正がございますけれども、先ほどビジネスクラスとスイートルームを使わないと申し上げましたけれども、ファーストクラスに訂正をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。はい、後ろの方。

記者7:TBSのシナダと申します。よろしくお願いします。今週、初登庁された日なんですけども、川井(重勇)議長をはじめ自民党側の態度が不適切だということで、講義や批判の声が寄せられてるということなんですけども、その点について知事はどうお考えでしょうか?

小池:川井議長、副議長にお迎えをいただいて、大変ありがたいと思っております。そして議会のみなさま方とは、それぞれの会派によって濃淡は確かにございましたけれども、しかしどれも大切な会派のみなさま方でございますので、都民ファーストは、議員のみなさま方にとっても同じことだと思っておりますので、そこは真摯に取り組ませていただき、都民のみなさま方にご迷惑がかからないように、最善を尽くしたいと考えております。

記者8:東京新聞です。選挙期間中に韓国人学校(貸与予定地)を視察されていましたが、やはり知事になって、白紙に戻すという方針に変わりはないのでしょうか?

小池:答えはイエスでございます。地元のみなさま方にも、選挙が始まる前でございましたが、お会いをいたしまして、反対の署名がすでに2,500筆集まっておりました。そしてまた地元のみなさまの声を反映して、じゃあどうするのかというということについても、よくみなさま方のお声を聴いてまいりたいと思っております。

地域のみなさま方のご要望は、いつ、どこで、どういうかたちで決められたかわからない韓国人学校の建設について、地元にも十分な説明がなかったということが1点と、それからこの所有地を有効にするのであるならば、保育、そして高齢者に対してのケアについて、ご要望がございました。

これについては、都庁の担当にどういうかたちで、なにが実現できるのかについて、研究をしてもらうようにいたしたいと考えております。

1/7ページ

最終更新:8/5(金) 17:36

ログミー

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。