ここから本文です

スポーツクライミング五輪追加 樋口さん(多久東部中)喜び 佐賀

佐賀新聞 8月5日(金)11時18分配信

 昨年の世界ユース選手権で日本代表に選ばれ、東京五輪では県内からの出場に期待がかかる多久東部中3年の樋口結花さん(14)は「はっきりとした目標になる」と気持ちを新たにした。

 正式種目決定のニュースは、ジュニアオリンピックカップ(13~15日・富山)に向けた東京合宿中に、父親で監督の樋口義朗さん(53)から聞いた。結花さんは「4年後には自分がオリンピック選手に、というイメージは正直まだない」と言いながらも「うれしい」と喜んだ。

 スポーツクライミングは一人でも比較的気軽に楽しめることから、佐賀のジムでも競技を楽しむ人は増えている。しかし、義朗さんは「本格的な競技志向の人たちが佐賀にはまだ少ない」と指摘。「東京五輪後の2023年には佐賀国体も控えるので、今回の決定をきっかけに若年層の育成からしっかり取り組みたい」と話した。

最終更新:8月5日(金)11時18分

佐賀新聞