ここから本文です

特別試乗!世界に1台、トヨタ「86」の運動性能を崩さず居住性を引き上げた「86シューティングブレーク」は走りも凄い!

オートックワン 8/5(金) 19:28配信

2012年に発売されたトヨタ86、これまで数多くのチューナーやユーザーがカスタマイズを楽しんでいる。実はトヨタの開発チームも色々なカスタマイズに挑戦している。ただ、一つ違うのは「アフターメーカーがやれることは彼らに任せ、自動車メーカーでなければできないこと」にトライしていることだ。

86シューティングブレークを写真でチェック(画像47枚)

そんなトヨタからの提案は、毎年8月に富士スピードウェイで開催されている86のお祭り「Fuji 86 Style with BRZ」で発表されることが定番となっている。

そんな今年のサプライズモデルは、今年6月にオーストラリアトヨタが公開した「86シューティングブレーク」の日本初披露である。何と2ドアクーペの86のリアセクションをスポーツワゴンにモディファイしているモデルなのだ。シューティングブレークは元々「狩猟用のオープン馬車」を意味するが、現在ではクーペとワゴンを融合した2ドアモデルの事を指している。

元々、86の登場以降、世界各国からオープンモデルや4ドアセダンなど、ボディバリエーション追加の要望があったと言うが、その中でも、86の販売台数世界第3位のオーストラリアトヨタは、「86の運動性能を崩さずに居住性を引き上げたい」と自らデザインを行ない、日本の86開発チームに提案するほど熱心だったそうだ。そんな熱意に対し、「絵に描いた餅ではなく、実際に一台実験部で実車を製作してみよう」と言う話になったそうだ。

86のルーフ/トランク部分を切断し、新たに専用のルーフ/ハッチゲートにコンバート。言葉で言えば簡単だが、実際の作業は大改造である。それもモーターショーで展示するようなデザインだけのモデルとは違い、「走る/曲がる/止まる」の性能をシッカリ確保したモデルに仕立てると言う、86開発チームのこだわりが込められているそうだ。

ルーフはワンオフだが、86の特徴の一つであるバゴダルーフではなく滑らかな形状となっている。リアゲート周りはレクサスCTのパーツを流用加工。これは既存のパーツを上手く組み合わせることで信頼性も確保…と言う意味合いもあるそうだ。

とは言え、86のリアフェンダーからの連携やリアコンビランプ、リアバンパーなどデザインを上手くバランスしている辺りは、さすがメーカー製の仕上がりだ。

ただ、ルーフラインが大きく変わっているため、フロントドアウィンドウのラインと合っていない部分や、リアクォーター/リアハッチはガラスではなくアクリル製である点、インテリアの内張りの継ぎ接ぎなどワンオフらしい部分も…。

ちなみにリアゲートは普通に開閉も可能で、裏側は加工の苦労の跡が見られるが、開閉アクションや開閉音、クリアランスなどは、トヨタクオリティをシッカリ維持している。

シューティングブレーク化により、ラゲッジスペースは上下方向に余裕ができたので、ラゲッジスペースは大きく向上。リアシート周りもヘッドクリアランスが約10cm増えたのと開放感アップは嬉しいポイントだ。

何と今回、この世界に一台しかないシューティングブレークに特別に試乗させていたくことができた。

1/2ページ

最終更新:8/5(金) 19:28

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。