ここから本文です

日本ハム大谷翔平、首位ソフトバンク3連勝に意欲「ここで勝つしかない」

Full-Count 8/5(金) 9:44配信

4日ロッテ戦は3打席3三振も、敵地ヤフオクドームは好相性

 日本ハムの大谷翔平投手が4日、5日から始まるソフトバンク3連戦(ヤフオクドーム)での3連勝へ意欲を燃やした。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 4日のロッテ戦(QVCマリン)では、初回1死二塁で空振り三振、5回1死一、三塁で見逃し三振するなどチャンスで打てず、3打数無安打3三振。2試合ぶりの無安打に終わり、チームも完封負けで、12カードぶりのカード負け越しを喫した。

 この痛い敗戦で、首位・ソフトバンクと再び5ゲーム差。宿敵との3連戦3連勝を誓った。

「ここで勝つしかない。3つ勝てるように頑張りたいです」

 この日もブルペンでの投球練習を行わず、投手練習はキャッチボールのみだった。同カードでの先発登板は回避する見込みだ。

「(投手としての状態は)悪くないかなと思います。きっちり調整して万全でいった方がいい。中途半端でいくよりも、しっかり準備した方がいい。(ブルペンは)福岡で入るかもしれない。投げるか分からないが、きっちり調整したい」

 対ソフトバンク戦は、打撃3部門で打率.385、6本塁打、9打点と相性抜群。前回ヤフオクドームで対戦した7月3日には「投手・1番」でスタメンし、初球先頭打者アーチを放った。早ければ6日にもホークスの優勝マジックが点灯する厳しい3連戦。再びチームを乗せたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/5(金) 11:16

Full-Count