ここから本文です

元マンUのDFビディッチが思うヤバいFW3人 スアレス、アグエロ、そして……「フィジカルは最も強かった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/5(金) 9:30配信

パワーに手を焼かされたと語る

マンチェスター・ユナイテッドでリオ・ファーディナンドとともに鉄壁のセンターバックコンビを築いたネマニャ・ビディッチは、プレミアリーグで幾人もの優秀なストライカーと対戦してきた。ファーディナンドとコンビを組んでいた頃のビディッチはプレミアリーグでもトップクラスのセンターバックだったが、そんなビディッチが認めるストライカーが3人いる。

サッカーファンの間ではビディッチが当時リヴァプールでプレイしていたフェルナンド・トーレスに手を焼いていたと考えている者が多いようだが、ビディッチはトーレスに苦しんだのはバックパスの選択を誤ってゴールを許した1試合だけだと主張。トーレス以上に厄介な相手が3人いたことを明かした。英『FourFourTwo』が伝えている。

「人々はトーレス相手に僕が苦戦していたと言うが、それは1試合だけの話だ。ドログバのフィジカルは最も強かった。タフな相手だったよ。スアレスとアグエロはベストな選手だ。ドログバは怪我をしなければより良い選手になっていただろうね。彼らは僕が対戦した中でトップ3の選手だよ」

スアレス、アグエロのテクニックが異常だったのに対し、ドログバはパワーが異常だった。ビディッチもかなり手を焼いたようだ。恐らく全盛期のドログバにパワーで完全に勝てるDFなどほとんど存在しなかっただろう。ビディッチのみならず、ほとんどのDFがドログバとのマッチアップを嫌がるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/5(金) 9:30

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]