ここから本文です

京急線横浜以南のトンネルで携帯電話エリア化工事開始

乗りものニュース 8/5(金) 20:38配信

工事完了後は京急線全線のトンネルで利用可能に

 京急電鉄とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは2016年8月5日(金)、本線、逗子線、久里浜線のトンネル区間で、携帯電話サービスを利用できるようにすると発表しました。

 携帯電話やタブレット端末の通信を可能にするもので、サービス開始後は列車内において、事故や災害時などでも情報収集の手段として利用できるといいます。

 対象箇所は本線・戸部~浦賀間のトンネル内23か所、逗子線・六浦~神武寺間のトンネル内2か所、久里浜線・京急久里浜~津久井浜間のトンネル内4か所です。

 工事着手は8月8日(月)。サービス開始は2017年度から2018年度にかけての予定で、工事が終わったトンネルから順次利用できるようになります。

 なお、空港線・糀谷~羽田空港国内線ターミナル間のトンネル内では2014年12月から、本線・泉岳寺~品川間のトンネル内では2015年2月から携帯電話の通信サービスが提供されており、さらに今回の該当区間で工事が完了すると、京急線全線のトンネル区間で携帯電話サービスが利用できるようになります。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/6(土) 16:29

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。