ここから本文です

【MLB】前田健太、野茂らに続く日本人7人目の新人2桁勝利 6回途中2失点で10勝目

Full-Count 8月5日(金)12時49分配信

野茂、ダルビッシュ、田中らに続く1年目2桁勝利、ドジャースは2連敗でストップ

 ドジャースの前田健太投手は4日(日本時間5日)、敵地でのロッキーズ戦に先発し、5回2/3を4安打2失点5奪三振2死球で10勝目(7敗)を挙げた。ルーキーイヤーでの2桁勝利到達は、日本人では1995年の野茂英雄(13勝6敗)、02年の石井一久(14勝10敗)、07年の松坂大輔(15勝12敗)、10年の高橋尚成(10勝6敗)、12年のダルビッシュ有(16勝9敗)、14年の田中将大(13勝5敗)の続いて7人目。1年目の右腕がドジャースの先発投手陣を支えている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前田は初回に1安打を浴びるも無失点。2回は3者凡退に抑えた。3回は2死一塁でルメイヒューの打球がセカンド後方への小フライに。ライト前に落ちるかと思われた当たりをアトリーがジャンピングキャッチ。前田を助けた。

 ドジャース打線は4回、1死一、三塁でケンドリックが先制打を放つも、前田はすぐに逆転されてしまう。直後の4回裏、無死一塁でダールに真ん中高めに入った直球をセンター左に運ばれた。痛恨の逆転2ラン。試合をひっくり返された。

 それでも、打線がすぐに逆襲。5回。1死からシーガーが右中間へ特大のソロ本塁打を放ち、すぐに同点に追いつく。さらに、ターナーとゴンザレスのヒットで2死一、三塁とすると、グランダルが右中間を破るタイムリースリーベース。あっという間に勝ち越しに成功した。

 前田は5回は3者凡退。6回は2死からレイノルズに左前打を浴び、降板となったが、2番手のバエズが続くデスカルソを抑えた。

 ドジャースはそのまま4-2で勝利。前田は96球を投げてストライクは58球。過去2度の対戦で、1勝1敗ながら13回を投げて1失点の防御率0.69と抑えていたロッキーズ相手に好投し、10勝目を掴んだ。防御率は3.22。ドジャースは連敗を「2」で止めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月5日(金)13時34分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。