ここから本文です

【MLB】前田健太、野茂らに続く日本人7人目の新人2桁勝利 6回途中2失点で10勝目

Full-Count 8/5(金) 12:49配信

野茂、ダルビッシュ、田中らに続く1年目2桁勝利、ドジャースは2連敗でストップ

 ドジャースの前田健太投手は4日(日本時間5日)、敵地でのロッキーズ戦に先発し、5回2/3を4安打2失点5奪三振2死球で10勝目(7敗)を挙げた。ルーキーイヤーでの2桁勝利到達は、日本人では1995年の野茂英雄(13勝6敗)、02年の石井一久(14勝10敗)、07年の松坂大輔(15勝12敗)、10年の高橋尚成(10勝6敗)、12年のダルビッシュ有(16勝9敗)、14年の田中将大(13勝5敗)の続いて7人目。1年目の右腕がドジャースの先発投手陣を支えている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前田は初回に1安打を浴びるも無失点。2回は3者凡退に抑えた。3回は2死一塁でルメイヒューの打球がセカンド後方への小フライに。ライト前に落ちるかと思われた当たりをアトリーがジャンピングキャッチ。前田を助けた。

 ドジャース打線は4回、1死一、三塁でケンドリックが先制打を放つも、前田はすぐに逆転されてしまう。直後の4回裏、無死一塁でダールに真ん中高めに入った直球をセンター左に運ばれた。痛恨の逆転2ラン。試合をひっくり返された。

 それでも、打線がすぐに逆襲。5回。1死からシーガーが右中間へ特大のソロ本塁打を放ち、すぐに同点に追いつく。さらに、ターナーとゴンザレスのヒットで2死一、三塁とすると、グランダルが右中間を破るタイムリースリーベース。あっという間に勝ち越しに成功した。

 前田は5回は3者凡退。6回は2死からレイノルズに左前打を浴び、降板となったが、2番手のバエズが続くデスカルソを抑えた。

 ドジャースはそのまま4-2で勝利。前田は96球を投げてストライクは58球。過去2度の対戦で、1勝1敗ながら13回を投げて1失点の防御率0.69と抑えていたロッキーズ相手に好投し、10勝目を掴んだ。防御率は3.22。ドジャースは連敗を「2」で止めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/5(金) 13:34

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。