ここから本文です

スマホで電池の出力を変えられる「MaBeee」がついに販売開始

ギズモード・ジャパン 8月5日(金)21時50分配信

ラジコンとか作ってみたい!

電池の出力はおもちゃのパワーに影響しています。例えば出力が大きいとミニ四駆は速く走ります。

これまでの常識ではその出力は外からは操作できない…のでしたが、なんとスマートフォンと繋がり出力調整ができる乾電池ケース「MaBeee(マビー)」が販売を開始しました!(動画URL:https://youtu.be/PLjS_euEBD8)

乾電池型IoT製品と名付けられたMaBeeeの使い方はとっても簡単。単3乾電池の形をしているMaBeee本体に市販の単4乾電池を入れて、単3乾電池対応のおもちゃなどに挿入します。そしてスマートフォンの専用アプリを使ってMaBeeeと連携することで、電池出力をコントロールできるのです。

MaBeeeのコントロール方法は「かたむき/ふる/こえ/とけい/でんぱ/ればー/スイッチ」とさまざま。たとえば「かたむきモード」なら、スマートフォンを傾ける角度で電池の出力が変わり、おもちゃの移動スピードが変わります。

この傾きは非常に細かくコントロールでき、まるでアクセルペダルがくっついたおもちゃに自ら乗り込んで、運転しているかのようです。また出力の最大値や最小値の設定など、高度なコントロールも可能です。

その他にも「ふるもーど」(https://youtu.be/UjEgmgOxM5I)だと、スマートフォンを振る強さで出力が変わります。ふるもーどでおもちゃを動かす様子は、なんだかパーティーゲームのようですね!

もう一つ、面白そうなのが「でんぱもーど」(https://youtu.be/C3eLt5plkEA)。これはスマートフォンを近づけると出力が上がり、遠ざけると出力が下がります。これを使えば、スマートフォンを近づけるだけで動作するIoT家電が作れそうです。

MaBeee(マビー)はBluetoothでスマートフォンと連携し、これらの機能を実現しています。専用アプリはiOSとAndroidに両対応。Amazon.co.jpを見ると、1本で4,889円、2本セットで1万757円、4本セットで2万1,514円で販売されています。

これから迎える夏休み、自由研究としてMaBeeeを利用したアイデアおもちゃやIoT家電を自作すれば、クラスの注目をあつめること間違いなし!?

source: MaBeee

最終更新:8月5日(金)21時50分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]