ここから本文です

【MLB】前田が10勝目、投球回数はチーム1位に 指揮官「彼を見るほど好きになる」

Full-Count 8月5日(金)14時58分配信

6回途中で降板もしっかりゲーム作る、「求める以上の仕事をしてくれた」

 ドジャースの前田健太投手は4日(日本時間5日)、敵地でのロッキーズ戦に先発し、5回2/3を4安打2失点で10勝目(7敗)を挙げた。日本人投手のルーキーイヤーでの2桁勝利到達は7人目。デイブ・ロバーツ監督は試合後、先発ローテーションを支える右腕を「見れば見るほど、もっと好きになる」と称えた。

前田健太のNPB・MLBでの日米年度別成績

 前田は過去2度の対戦で13回を投げて1失点と抑えていたロッキーズ相手にこの日も好投。1点リードの4回にダールに逆転2ランを浴びるも、チームが5回に再逆転。前田は6回2死からレイノルズにレフト前ヒットを浴びたところで降板した。2番手バエズが後続を立つと、ドジャースは救援陣が無失点リレーを見えて4-2で勝利した。

 クオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)まで1アウトで降板。ただ、ロバーツ監督は「彼の状態を考えると、またここの標高が高いことを考えると、求める以上の仕事をしてくれたと思う。バエツは3日投げていなかったし、ケンタには自信を持って降板してほしかった。もちろん、続投も考えたし、レイノルズをアウトに仕留めてほしかったが、スライダーがちょっと高めだったので、バエツを投入したかった」と評価した。

 この3連戦では2日(同3日)にマッカーシーが3回3失点、3日(同4日)にスチュワートが4回9失点で降板していた。それだけに、6回途中までであっても、しっかりゲームを作った前田は大きな役割を果たしたと、指揮官は称賛する。

イニング数はチームトップに、「彼がここまでやると思っていたか?」の質問には…

「ここ(コロラド)では我慢の戦いだった。ケンタの球数は多かったけど、5回2/3を投げてくれた。これは本当に質の高い先発だった。ブルペンをリセットすることができたし、今日使った投手は十分休養を取れていたから、いい球を投げられていた。我々の現状、今日の試合前の状況を考えても、ケンタの今夜の投球は大きな意味がある」

 22試合目の登板で、長期離脱しているエース左腕カーショー(11勝)に続いて2桁勝利に到達。イニングをなかなか稼ぐことができていないとはいえ、しっかりとローテを守っており、125回2/3という投球回数はチームでトップとなった。

「彼がここまでやると思っていたか?」と聞かれた指揮官は「正直言うと、ケンタの場合、(投げる)姿を見れば見るほど、もっと好きになるし、彼のタフさを信じることができる。このチームは選手が互いを刺激を受けて高め合うという話もしたが、彼はそのリストのトップにいる。チーム状況を把握して、マウンドに上がるたびにクオリティスタートを目指してくれるし、それ以上のことを成し遂げてくれている」と再び賛辞を並べた。

 首位ジャイアンツとは2.5ゲーム差の2位。優勝争いを繰り広げるチームの中で、前田が欠かせない存在となっていることは間違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月5日(金)16時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]