ここから本文です

西岡良仁、ベルダスコらが準々決勝に進出 [アトランタ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月5日(金)19時28分配信

 アメリカ・ジョージア州アトランタで開催されている「BB&Tアトランタ・オープン」(ATP250/8月1~7日/賞金総額61万8030ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、日本の西岡良仁 (ヨネックス)が第4シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-3 2-6 6-1で下して準々決勝に進出した。20歳の西岡は次の試合でホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)と対戦する。ゼバロスはトビアス・カムケ(ドイツ)を6-1 6-4で倒して勝ち上がった。

 第5シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)はジュリアン・ベネトー(フランス)を6-1 6-3で下して準々決勝に進んだ。ベルダスコはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を7-6(4) 6-3で破った第2シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。

 今大会で3連覇しているジョン・イズナー(アメリカ)はアドリアン・マナリノ(フランス)を6-4 6-0で下し、一足先に準々決勝進出を決めた。彼は第8シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)と対戦する。

西岡良仁がドルゴポロフを倒して今季2度目のATPツアー8強入り [BB&Tアトランタ・オープン]

 もうひとつの準々決勝は、第7シードのドナルド・ヤングと18歳のライリー・オペルカのアメリカ人対決となることが決まっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: ATLANTA, GA - AUGUST 04: Yoshihito Nishioka of Japan returns a forekhand to Alexandr Dolgopolov of Ukraine during the BB&T Atlanta Open at Atlantic Station on August 4, 2016 in Atlanta, Georgia. (Photo by Kevin C. Cox/Getty Images)

最終更新:8月5日(金)19時28分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。