ここから本文です

江口実沙 ストレート勝ちで4強入り、準決勝で奈良の可能性<女子テニス>

tennis365.net 8月5日(金)22時22分配信

江西省オープン

女子テニスツアーの女子テニスの江西省オープン(中国/南昌市、ハード、WTAインターナショナル)は5日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク141位の江口実沙(日本)が同183位のF・リュウ(中国)を6-1, 6-2のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

この試合、江口は第1セットでリュウに1度もブレークチャンスを与えずに先取すると勢いに乗り、第2セットでは3度のブレークに成功するなどで圧倒し、1時間10分で勝利した。

準決勝では、第2シードの奈良くるみ(日本)とY・デュアン(中国)の勝者と対戦する。

江口は今大会、1回戦でE・コストバ、2回戦でL・チュー(中国)、そして準々決勝でリュウを下しての勝ち上がり。

また、同日の試合では第2シードの奈良くるみがK・チャン(台湾)をストレートで下してベスト8進出。第7シードの尾崎里紗(日本)が準々決勝で第3シードのF・スキアボーネ(イタリア)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:8月5日(金)22時22分

tennis365.net