ここから本文です

大会4日目、男子シングルス4回戦結果 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月5日(金)21時17分配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の4日目、8月5日は男子シングルス1~4回戦が松江会場で、女子ダブルス1~4回戦(準々決勝)が安来会場で行われた。

大会4日目、女子ダブルス1~4回戦(準々決勝)結果 [中国インターハイ]

「個人戦」は、単複ともにトーナメントで、シングルスは4回戦まで、ダブルスは準々決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。

*天候などの理由により、試合方法が変更される場合があります。

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス4回戦】※名前の左に付いている数字はドロー番号

○1今村昌倫(清風)8-3 ●16酒井来征(名古屋)

●17岡垣光祐(岡山理大附)6-8 ○32田中優之介(秀明英光)

○33大島立暉(相生学院)8-1 ●41津田厚(名経大市邨)

●56田形諒平(大成)6-8 ○64山尾玲貴(柳川)

----------

○65野口莉央(湘南工大附)8-1 ●76市川泰誠(西宮甲英)

●83本田柊哉(新田)2-8 ○96藤井颯大(同志社国際)

●97佐々木健吾(高松北)5-8 ○108横尾淳司(大分舞鶴)

●120橋川泰典(四日市工)5-8 ○121武藤洸希(大成)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月6日(土)0時56分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]