ここから本文です

【MLB】1年目で2桁勝利 女房役が明かす、前田健太が勝てる理由「彼の存在は大きい」

Full-Count 8/5(金) 17:24配信

エース不在の中で先発陣牽引、今季加入のマエケンに女房役も「存在は大きい」

 4日(日本時間5日)の敵地ロッキーズ戦に先発し、5回2/3を4安打2失点で10勝目(7敗)を挙げたドジャースの前田健太投手。チームは前日、前々日の2試合でいずれも先発投手が早々に降板して連敗していただけに、しっかりゲームを作ったことは大きかった。チームは4-2で勝利し、日本人投手のルーキーイヤーでの2桁勝利到達は7人目に。女房役のヤスマニ・グランダル捕手は試合後、「彼の存在はチームにとって大きい」と前田に絶大な信頼を寄せていることを明かした。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 この試合、前田にとって唯一の失投となったのは、1点リードの4回無死一塁で迎えたダールへの1球。2ボール1ストライクからグランダルは内角高めに構えたが、90マイル(約145キロ)の速球は真ん中付近へと入ってしまった。これを捉えられ、打球はバックスクリーン左へ。逆転2ランとなった。しかし、チームは5回にすぐさま再逆転、前田はこの場面以外ではカーブをはじめとする変化球を効果的に使い、ロッキーズ打線を抑えていった。

「彼はいつも通りの自分のスピンをかけて投げられていた。今日、彼のカーブはよかった。スライダーもとてもよかった。チェンジアップと速球もよかった。1つだけミスを犯したのは、ダールへの1球。ど真ん中に投げてしまったのを見逃してもらえなかったけど、それ以外は集中して投げられていた」

 グランダルも前田の投球をこう振り返っている。シーズン当初に比べ、2人の呼吸も合ってきた。意思疎通がしっかりできているという。

2人の意見が一致している点とは、「そのおかげで最近いいんだと思う」

「シーズン序盤は、カーブとチェンジアップに頼っていた。いい変化をする球だからね。4つの球種の出どころも一緒だし。彼が自分でどんな投球をしたいか言ってきた。チェンジアップを上手く使いながら、速球の制球をよくする。それが今は強みになっている。

 4つの持ち球をしっかり使った方が楽に投げられる。カーブとスライダーに頼るだけじゃなくて、速球を見せたりしながら。今は4つの球種をすべて使うということで、意見が一致している。だから、打者有利のカウントになっても対応することができている。そのおかげで最近いいんだと思う」

 左腕カーショーは故障で長期離脱中。ルーキーながら先発ローテを死守し、早くも2桁勝利に到達した前田は貴重な役割を果たしている。エース不在の状況が続く中、ドジャースは首位ジャイアンツと2ゲーム差の2位と奮闘しているが、地区優勝を繰り広げるチームの中心に前田がいる。

「彼はいい状態を保っている。打者に向かって攻めの投球をすることができているし、変化球に頼り過ぎていない。チェンジアップを効果的に使えているし、球がいい動きをしている。ストライクゾーンを広く使って速球を投げられているし、そこからカーブやスライダーを使うことで、当たりの弱い打球やフライに打ち取れている。ここ数か月、彼の存在はチームにとって大きい」

1/2ページ

最終更新:8/5(金) 20:49

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]