ここから本文です

2年連続で移籍市場最終日に移籍しているチチャリート、今夏は残留へ「今はここで幸せ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月5日(金)18時30分配信

ドイツに満足

レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスはドイツでの生活に満足しているようだ。

どこのクラブでも結果を残しながら、ここ数年はトップクラブを転々としているエルナンデスことチチャリート。しかし、昨夏レヴァークーゼンに3年契約で加入し、28試合で17ゴールを記録し、ドイツでの生活が充実していることを話した。米『ESPN』がコメントを伝えた。

「ここ2年、僕は移籍市場最終日に移籍したからよくわからなかった。ユナイテッドにもマドリードにも残りたかったけど、今はレヴァークーゼンで落ち着いているよ。この素晴らしいチームの一員になれてとても幸せだ。ハングリーだし、多くのことを達成したい。僕の周りにある噂は嘘か本当かわからないけど、モチベーションを上げてくれるものでもある」

「僕はプロフェッショナルだし、レヴァークーゼンのユニフォームを着ている以上、ここでの生活を楽しむよ。将来について何も言うことはできない。でも今はここで幸せだよ」

現在28歳のチチャリート。高い決定力は今季もレヴァークーゼンで見ることができそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月5日(金)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。