ここから本文です

[移籍]鹿島のバイきんぐが湘南ベルマーレへ ブラジル人FWジネイ「今度こそ本領発揮できるチャンス」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月5日(金)18時31分配信

湘南でも9番を背負う

湘南ベルマーレは、鹿島アントラーズを契約満了で退団していたFWジネイの加入を発表した。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「また日本でサッカーができる機会を与えてくれた湘南ベルマーレに心から感謝しています。今まで怪我に悩まされ、思うようなサッカーが できなかった分、今度こそ本領発揮できるチャンスを与えられたと望みがふくらんでいます」とコメントしている。

現在32歳のジネイはブラジルのヴィトリアやパルメイラス、スペインのセルタやテネリフェでプレイ。2015シーズンから鹿島に加入するも膝の故障に悩まされ、思うように出場機会を得られず、2シーズンでリーグ戦2得点にとどまった。

ジネイは、鹿島アントラーズが行っていた小学生向けのサッカー教室に参加した際、自身と同じスキンヘッドのお笑い芸人、バイきんぐ小峠のギャグ「なんて日だ!」を叫んで笑いを誘うなど明るい一面もある。背番号は鹿島アントラーズのときも背負った9番をつけて戦う。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月5日(金)18時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。