ここから本文です

コンテ、はやくも若手の新たな才能を発掘か!? トラオレ「1.5列目や2列目をやってきたけど今は…」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月5日(金)18時50分配信

点取り屋として開花するか

チェルシーの指揮官を務めるアントニオ・コンテが、新シーズンで活躍が期待される若手の新たな才能を発掘したかもしれない。

プレシーズンマッチのWAC RZペレッツ戦とインターナショナル・チャンピオンズカップのミラン戦でゴールを挙げたFWベルトラン・トラオレ。現在20歳と、まだまだ若い彼だが、クラブの公式サイトのインタビューで自身の役割について次のように述べている。

「コンテが監督になってから、僕の役割は少し変わったんだ。これまでは1.5列目や2列目をやっていたけど、今は横並びの2トップに入っている。違いはあるけど、とても楽しいよ。僕はプレシーズンで、ジエゴと2試合、ルベンとも2試合コンビを組んできたけど、どちらとも良いプレイができた。彼らとなら良いコンビになれると思うよ。若手にとって、いろんなポジションを経験するのは非常に大切なこと。だから、ルベンも僕と同じように楽しんでいるんじゃないかな」

新シーズンに向けたメンバーを近々厳選すると明かしたコンテだが、トラオレはそのメンバーに入ることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月5日(金)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。