ここから本文です

日ハム、痛恨逆転負けでホークスとゲーム差6に 有原が魔の4回に沈み5敗目

Full-Count 8/5(金) 20:37配信

大谷は今季6度目の猛打賞も

 日本ハムは5日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で2-3で逆転負け。連敗で首位・ソフトバンクに6ゲーム差に突き放された。

 有原が魔の4回に沈んだ。2点リードの4回、先頭・柳田に外角高めの直球で詰まられたが、左翼ポール際へ飛び込む追撃ソロ。続く内川、松田の連打などで1死二、三塁とされると、鶴岡に同点タイムリー。さらに、吉村の犠飛で一気に勝ち越された。この回だけで4安打3失点した。

 7回87球、7安打3失点で降板。7月の月間MVPに輝いたが、ホークスの集中打に沈んで5敗目を喫した。

 打線は初回に中田の16号2ランで先制したものの、尻上がりに調子を上げた和田に10三振。3番スタメンの大谷は2試合ぶり、今季6度目の猛打賞を記録したが、6回1死二塁の同点機で左飛に倒れた。2回以降はゼロ行進だった。

 6日は新人王候補の高梨が先発する。意地を見せたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/5(金) 20:37

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。