ここから本文です

UEFA欧州最優秀選手賞は誰の手に!? メッシが落選する中、最終候補3名が決定

theWORLD(ザ・ワールド) 8月5日(金)19時40分配信

順当な3名が最終候補に

欧州サッカー連盟(UEFA)は5日、2015-16シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞の最終候補に残った3名を発表した。



1人目は、レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルである。今夏に行われたEURO2016で初出場の同代表をベスト4へと導いた。そして2人目は、アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。昨季はチャンピオンズリーグとEUROの主要2大会で準優勝に終わったものの、エースストライカーとしてチームを牽引した。最後の1人は、バロンドールとともに最有力候補に挙がっているレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。UCL制覇と悲願のEURO優勝を成し遂げ、誰もが認める受賞候補となっている。



はたして、UEFA欧州最優秀選手賞は3人のうち誰が獲得するのか。前評判通り、ロナウドがすんなり獲得してしまうのだろうか。





4位以下は次のとおり



4位 ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ) 29ポイント

5位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) 25ポイント

6位 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス/イタリア) 19ポイント

7位 ぺぺ(レアル・マドリード/ポルトガル) 9ポイント

8位 マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ) 6ポイント

9位 トニ・クロース(レアル・マドリード/ドイツ) 5ポイント

10位 トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ) 2ポイント


http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月5日(金)19時42分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。